T O D A Y !

平河町ミュージックス第22回公演御礼

地域との連携や活性化、音楽文化の醸成を目的に、当社安井建築設計事務所も運営に協力している「平河町ミュージックス」。9月13日(金)に2013年秋季公演・第22回として、アコーディオン奏者・御喜美江さん、大田智美さんの演奏で開催されました。アコーディオンのソロとデュオ、秋を迎えるにふさわしい音色が会場に響きました。

 

(more…)

「意匠設計用BIMテンプレート 2014版」が発売されました

安井建築設計事務所では、近年建築界で注目され、クライアントの事業満足を高めるための建築プロセスの変革として「BIM(Building Information Modeling)」の概念・技術の導入にいち早く取り組んでまいりました。そうして当社が蓄積したBIMの技術・ノウハウを広く公開し、その普及・啓蒙の一助となるよう、BIMのテンプレート・ライブラリ製品「意匠設計用BIMテンプレート」を開発。GSA(株)(株)大塚商会と協力し、2011年12月に初版「2011版」を発売しておりました。

左:今回更新、発売された2014版のリーフレット(表)/右:2011年発売、初版のリーフレット(表)

左:今回更新、発売された2014版のリーフレット(表面)/右:2011年発売、初版のリーフレット(表面)

(more…)

「Archi Future 2013」に安井・村松が登壇

来る10月25日(金)、Archi Future(アーキ・フューチャー)実行委員会が主催するイベント「Archi Future 2013」が東京・有明で開催され、そのパネルディスカッションに当社の執行役員・村松弘治が登壇します。

今年で6回目を迎える同イベント、建築分野におけるコンピュテーション活用の最新動向・ソリューションを紹介するものです。特にここ数年、建築界でも広がりが著しいBIM(Building Information Modeling)に注目が集まります。

イベント告知リーフレット/Archi Future実行委員会提供

イベント告知リーフレット/Archi Future実行委員会提供

パネルディスカッションのテーマも、『建築主とユーザーのためのBIM~企画段階からFMまで、顧客満足度を高めるためのBIMとは~』になっております。

村松もこれまで他の講演会などで、「BIMの目的はクライアントニーズに適応していなければ意味がない」「維持管理、コスト、事業計画などがそうしたニーズに適合する」、また、BIMから生成されるデータベースが「価値とコストのバランスの見える化、透明化」(適正コスト&品質)につながることなどを提唱しています。

今回のディスカッションでも、そうした観点の持論を展開する予定です。

イベントではその他興味深いセミナーや展示会も予定されています。足を運んでみてはいかがでしょうか。

詳細、お申し込みは「Archi Future 2013」のホームページまで。

 

(安井建築設計事務所 広報部)

PAGE TOP