新たなプロセスの提案に向けて
力を尽くしたい

番屋 陽平
設計部 BIM D2S 2014年入社
理工学研究科建築学専攻

番屋 陽平01

断面図に設計者の思いを込め

建築・設計という分野を志望した動機を教えてください

父方が大工の仕事をしていて、建築には接点がありました。計算が好きだったので、建築学科に進んだ当初は構造に興味があったのですが、大学2年の前半に設計した課題が、最優秀課題賞に選ばれたこともあって、デザインへの興味が高まり、意匠設計を選びました。
私は学生時代から断面図が好きでした。空間と空間の関係性が如実に出るのが断面図です。そこにおもしろさを出したいという気持ちを持っていて、学生時代から"平面に秩序を、断面に欲望を"ということを自分の設計コンセプトにしています。平面図は、建築主の要望に対して秩序立てて理に叶ったもの提案し、断面図に設計者の思いを込めることで、プラスアルファの価値をもたらす。そんな設計をしたいと考えています。

入社のきっかけは?

就職活動中は各社にいるOBの話を聞きに行きましたが、その過程で、自分はゼネコンよりも組織設計事務所が向いていると思いました。当社にも先輩がたくさんいたので、ポートフォリオを持って行き、親切に指導してもらいました。その後、採用試験を受けて入社しました。


番屋 陽平02

BIMをデザインに活用しようと提案

入社当初はどんな仕事をしましたか?

あるプロジェクトの設計を担当しました。右も左もわからないなか、指導してもらいながら、一から知識を身につけていきました。

仕事のおもしろさ、やりがいはどんなときに感じますか?

官公庁の仕事が多く、まだ竣工した建物はないのですが、プロポーザルやコンペで特定される、担当しているプロジェクトの基本設計、実施設計が終わるなど、一つひとつ結果が出るときは喜びや達成感を覚えます。

最近の仕事について教えてください

2016年に社内に発足した、BIMデベロップメント&デザインスタジオ(BIM D2S)というチームのメンバーとして、新たな設計プロセスを提案しています。
BIM D2Sでは従来の設計プロセスとは異なり、BIMデータを用いたシームレスな設計プロセスに取り組んでいます。
2016 年度においては、コンセプトデザインから発注者への説明まで、実際のプロジェクト中で一貫した設計プロセスを開拓し、先進的に取り組むことで当社のBIMを先導し、その発展に大きく寄与してきたと考えています。特にBIMデータを用いた模型作成や3Dプリンターによる形状検討などはこれまでにない表現と効率化をもたらし、ヘッドマウントディスプレイやタブレットを用いた360°パノラマ映像やムービーは、建築主の理解を得るためのプレゼンテーション手法に新たな境地を開いています。
今までやっていないことに挑戦しているので、ある程度、時間はかかってしまうのですが、今後5年くらいのうちに結果を出すこと、そして新たなプロセスの提案に向けて、力を尽くしたいと思っています。


番屋 陽平03

きちんとコミュニケーションを取ることが大切

設計の仕事をする上で、大切だと思うことは?

メリハリをつけ、気持ちを上手く切り替えて仕事をするように心がけています。設計は、考え出すといくらでも時間をかけることができる仕事です。よい案が出てこないときは、ちょっと外に出たり、仲間と飲みに行くなど気分転換を図って、調子がよいときに時間をかけるようにしています。
自転車が趣味なので、週末は荒川のサイクリングロードを走ったりしています。機械いじりやDIYも好きなので、パーツを一つひとつ、自分で選んで組み立てた自転車に乗りたいなと思っています。

入社希望者へのメッセージを

自分がどういう人間で、どういうものを設計したいのかを相手にきちんと伝えることが大事なことだと考えています。設計はひとりではなく、チームで行う仕事なので、周囲ときちんとコミュニケーションを取り、自分がどんなことをしたいのか意思表示することが、大切なことだと思います。 

BIM D2S・・・BIMデベロップメント&デザインスタジオ


番屋 陽平04