社会貢献に通じる仕事は
やりがいが大きい

高 凱
国際部 1998年入社
建築工学科建築工学専攻

高 凱01

ハルビンで育ち、建築への興味を抱く

子どもの頃の夢は何でしたか?

中国の東北部、ハルビンで生まれ育ちました。東方の小パリ、小モスクワという美名を持つハルビンは、異国の文化の影響が大きく、市内は西洋風、ロシア風、日本風の建物が建ち並ぶ美しい街です。毎年、冬になると氷の祭りが開催されるのですが、その期間中、氷の彫刻と異国風の建物が融合した街並みの素晴らしさに感動した私は、いつか自分でも建物をつくりたいという思いから、建築に興味を持つようになりました。
まだ中国では建築雑誌や専門書が少なかった学生時代、入学した大学の図書館でよく読むことができた海外の建築雑誌が『新建築』です。当時、活躍していた丹下健三氏や黒川紀章氏の作品をこの雑誌で見ながら、"いつか自分も日本で建築を"という気持ちが募り、大学卒業後、中国の設計事務所で仕事を経験したのち、日本の大学院に留学しました。

入社のきっかけは?

安井建築設計事務所は歴史があり、関西を中心に国内に数々の建築を残し、最近は海外のプロジェクトも増えています。来日後、私が興味を持った建築作品の多くを手がけていたこともあって、大学院の教授に相談すると、"日本で設計・建築の仕事をしたければ、(安井は)規模も大きいし、いろいろな仕事をするチャンスもあると思うよ"と勧められたのがきっかけです。

高 凱02

医療・福祉施設の建築を運営ノウハウを含めて提案

入社当初はどんな仕事をしましたか?

再開発のタワーマンションや特別養護老人ホーム、住宅などの設計を担当したのち、現在は国際部に籍を置いています。2000年前後は、ちょうど北京オリンピックや中国で初めての万国博覧会、上海万博の開催が決まり、中国に対する世界の関心と同時に、中国国内での建築需要が高まっていた時期でした。会社が積極的に中国のプロジェクトへの参画を進めるなか、その担当者として、これまで大連理工大学ソフトウェア学院や大連桃源山荘などのプロジェクトに関わってきました。

最近の仕事について教えてください

海外の仕事は規模が大きいので、現地の企業と組んで進めていきます。私は企画段階から関わっているので、現地調査などを通じて情報収集を行い、その内容を会社に報告し、社内でチームをつくるというのが、仕事の大まかな流れです。中国には、ほぼ毎月出張で足を運んでいます。
国際部の仕事は、台湾、ベトナム、ミャンマーなど、東南アジア全般へと広がっていますが、最近、増えているのは福祉関連の仕事です。中国やアジアでも、経済発展と同時に日本同様、社会の高齢化が急速に進んでいますが、現地はまだ、医療・福祉制度が整っていません。当社では、数年前から政府や民間企業の依頼を受け、建物の設計だけでなく、高齢者介護施設の運営ノウハウといったソフトの部分も提供しています。

仕事のおもしろさ、やりがいはどんなときに感じますか?

今は中国国内の、大企業の福祉施設を建築する仕事の責任者として、現地の人たちとやりとりしていますが、医療福祉関連は成長産業であることに加え、こうした建物を必要としている人は大勢います。こうした社会貢献に通じる仕事は、やりがいが大きいですね。高齢者の方々と直接やりとりする機会もあるのですが、みなさん新しい施設に喜んで、笑顔を見せてくれるのも、嬉しいことです。
子どもの頃、ハルビンの街に建つ異国の素晴らしい建築を見ながら、いつか自分もそういう建物をつくりたいと思っていましたが、今は日本や海外で、自分が企画した建物をつくる仕事に携わっているので、楽しく、充実しています。

高 凱03

海外で仕事をしたい人には挑戦しがいのある会社

職場の雰囲気を聞かせてください

設計者は、関係者の意見を聞き、大小さまざまなことを調整しつつ、最終的には自分のイメージをかたちにすることで、空間をつくり上げていきます。こうして完成した建物は、多くの人と同時に、歴史や地域ともつながっているものです。
当社では、社長自身が文化・教育活動に力を入れていて、仕事のつながりから、中国の建築大学で名誉教授を務め、日本の建築や文化をテーマに講演なども行っています。大連には、当社の創業者・安井武雄の作品も遺っていて、中国出張の際に、その建築作品を社長と見に行ったことがあるのですが、1世紀前に、異国の地で創業者が設計した建物を目の当たりにしたときの社長の感慨深げな表情は、それまで私が見たことのないものでした。
事前に知っていたわけではないのですが、子どもたちが生まれた病院や、彼らが入学した学校がたまたま当社の設計だったように、私には、会社と縁があったなと思うことが少なくありません。
入社後、いちばん苦労したのはことばの面でしたが、設計は図面やパース、模型など、ことば以外にも意思疎通のツールがあるし、社内は専門知識を持っていることに加えて紳士的な人が多いので、サポートしてもらいながら安心して仕事をしてきました。

入社希望者へのメッセージを

国内だけでなく、海外にも拠点を増やしている当社は、さまざまな仕事をするチャンスがあり、海外で設計の仕事に挑戦したい人には向いている会社です。明るく、チャレンジ精神があり、諦めずに自分の作品をつくろうという気持ちを持った人と、一緒に仕事ができればと思っています。 

高 凱04

関わったプロジェクト:大連理工大学ソフトウェア学院
関わったプロジェクト:大連理工大学ソフトウェア学院
関わったプロジェクト:大連桃源山荘
関わったプロジェクト:大連桃源山荘
生まれ育ったハルビンの街並み
生まれ育ったハルビンの街並み