経験や仲間を通じて
ニーズに応えていく

脇 宗一郎
企画部 1993年入社
工学部建築学科

脇 宗一郎01

まちを歩き、気になる建物を撮影していた新人時代

建築・設計という分野を志望した動機を教えてください

もともと絵を描くことやものづくりが好きで、建物や空間にも興味があったので、その延長線上で建築・設計の道に進みました。大阪事務所に入社後4~5年くらいは休日になると、全国各地のまちを歩いては、気になる建物の写真を撮っていました。同業他社の仕事にも興味はありましたが、建物やその内部空間を見ることが純粋に好きだったので、ジャンルにこだわることなく、自分がいいなと思った建物を見て回っていましたが、中でも槇文彦氏が設計した「風の丘葬斎場」は、印象に残っています。当時はデジタルカメラもなかったので、ネガをプリントしていましたね(笑)

企画部に移るまで、どんな仕事をしてきましたか?

大阪事務所の設計部に10年、その後、東京事務所の設計部に10年在籍し、企画部に移って5年ほど経ちます。バブルがはじけたとはいえ、当時はプロジェクト数も多く、2~3年目から設計、現場、プロポーザル、コンペをそれぞれ複数抱えていたので、今振り返れば、無我夢中で仕事をしていました。
最初に配属されたチームは、主に文化施設を手がけていたので、ホールや図書館を中心に、オフィスや研究所などを設計しました。東京事務所では、官庁施設のほか、再開発の超高層施設を担当して、地権者の方とも関わりながら仕事を進めましたが、その後、中国の高級ホテルの設計業務で、中国に8ヵ月ほど赴任しました。東京に戻ってしばらくしてから企画部に移籍し、今は国内の民間企業の企画営業を担当しています。


脇 宗一郎02

"こんなことをしたい"に応えるべく、サポートする

最近の仕事について教えてください

担当は国内の民間企業ですが、最近は日本の企業が海外に進出する際のサポートもしているので、海外案件が少しずつ増えている状況です。たとえば日本のホテル企業が海外進出を検討する際、法律にしろ、現地の人たちの考え方にしろ、日本と異なることが多いので、彼らがどのようなホテルを開業しようと考えているか、顧客に寄り添ったお手伝いをさせてもらっています。
現地の実情を掴むだけでなく、その情報が確かなものかどうか、話の裏を取るために何より重要なのは信頼できる仲間です。ホテル事業以外でも、海外のマーケットは増えているので、情報収集しながらニーズを汲み取ることが、次の仕事へとつながっていくのではないでしょうか。

仕事のおもしろさ、やりがいはどんなときに感じますか?

設計部であれ企画部であれ、どんな仕事でも様々な調整作業があるのは当然のことです。建築主の"こんなことをしたい"という相談に対し、これまで培ってきた経験や仲間を通じて調整しながら応えていくのですが、そこにはマニュアルなどありません。ニーズに応えるためにつねに手探り状態で考え、動いていることで、建築主からの信頼が次の仕事につながっていくことがやりがいであり、おもしろさでもあります。
建築主と最初に打ち合わせをして、意図や要望を掴むのが企画部の仕事です。生の声を図面に反映し、おおよそのプランや予算、スケジュールを作成して"こんなことができますよ"と、提案しますが、この人たちとこんなふうに仕事ができたら楽しそうというワクワク感が、仕事のモチベーションになっています。


脇 宗一郎03

建築主との信頼関係が大切

企画の仕事をする上で、大切だと思うことは?

建築の場合、完成した商品を販売することが出来ないため、例えば完成予想図などを利用しながら、建築主に提案を行います。こうしたなかでは、やはり"この人だったら大丈夫だ"という建築主からの信頼がなければ、仕事に結びつけることは難しいと思っています。一緒にものづくりをする仲間として、互いがWINWINの関係になるように、開示できる情報は開示して仲間をつくっていくというスタンスでいれば、信頼関係もできてゆくし、情報も入ってくるように思います。

東京都建築士事務所協会の活動もしているようですね?

今、東京都建築士事務所協会の青年部の部会長を務めていますが、他府県の同協会との交流、月に一度の勉強会や講習会を企画しているので若手の人たちに積極的に参加して欲しいと思っています。

休日はどのように過ごしていますか?

平日は忙しいので、週末は子どもの学校の催しに参加したり、家事を手伝っています。あと、大阪時代に見よう見真似で覚えたお好み焼きを家族にふるまったり(笑)。山芋のすりおろしを入れたお好み焼きはフワフワした食感があって、うけが良いんですよ(笑)

入社希望者へのメッセージを

いろいろな用途・規模の建物の設計をできるのは、組織設計事務所ならではの魅力です。また組織とはいえ、努力次第でやりたいことができるように、最終的にどこまで仕事をするかは自分次第です。ものづくりに対して、自分はこうありたいという強い思い、信念を持ち続けられる人と、一緒に仕事ができればと思います。


脇 宗一郎04


関わったプロジェクト:シェリエ上⾥カンターレ
関わったプロジェクト:シェリエ上⾥カンターレ

東京都建築⼠事務所協会⻘年部会の研修旅⾏で
東京都建築⼠事務所協会⻘年部会の研修旅⾏で