つねに一歩先を見て
考えることが大切

吉岡 駿介
設計部 2009年入社
工学研究科建設工学専攻

吉岡 駿介01

広場のように人が集い、
交流の場となっている京都駅に衝撃を受ける

子どもの頃の夢は何でしたか?

父親がグラフィックデザインの仕事をしていた影響かもしれませんが、小さい頃から工作が好きで、将来は大工さんになりたいと思っていました。
大学受験を前にオープンキャンパスで建築学科を回った際に建築設計という職業の存在を知って進路を決めました。最初に強く意識した建築作品は、原広司さんが設計した京都駅です。それまでの私は、駅舎は移動のための通過する場所に過ぎないと思っていたので、コンコースの吹き抜け空間に配置された大階段に、人々が普通に腰かけて話をしている、まるで広場のように人が集い、交流の場となっている駅を目にしたときの衝撃は本当に大きく、このような建築を設計してみたいなと思うようになりました。

入社のきっかけは?

当時は、まだ説明会を開いている設計事務所が少なかったので、就職活動を始めるにあたって、まず情報源にしたのは、各社のホームページです。安井のサイトは、企業方針や求める人材について非常に親切かつわかりやすく書かれていたので、きっとよい会社ではないかと(笑)。実際、面接を受けているとき、(この会社は)自分に合っているかもしれないと感じました。面接官は1日に多くの学生と接しているはずなのに、こちらのプレゼンテーションを最後まで丁寧に聞いてくれる会社の人たちの姿を見て、きっとこの会社は社員を大切にしているだろうと思い、入社を決めました。


吉岡 駿介02

仕事としての設計は、建築主がいて初めて成立する

入社当初はどんな仕事をしましたか?

豊洲にある学校の基本設計の資料作成や、コンペやプロポーザルの業務に関わっていました。
設計者として本格的に関わったプロジェクトは、入社3年目の刑務所の設計でした。打合せに参加し、ものごとを決め、図面に情報を落とし込んでいく。上司や先輩にたくさん助けてもらいながら、へとへとになって設計をまとめていたのを覚えています。また、特に守秘義務の多い仕事だったので、資料を持ち歩くときもずっと緊張しており、学生のときにはなかったプレッシャーと責任感を感じながら取り組んだ仕事でしたね。
学生時代と入社後のもっとも大きな違いは、やはり建築主の存在です。学生のときは、自由に設計をしていましたが、仕事としての設計は、建築主がいて初めて成立します。法規や数値などすべてがリアルなものになると同時に、設計は多くの知識が必要な仕事だと実感しました。

最近の仕事について教えてください

主に官公庁の仕事を担当しています。刑務所以降も保健所、消防署、警察署などの設計に関わりました。建物には、それぞれ固有のルールがあるので、そのルールを敷地にどう当てはめていくかを考えながら設計していくことは苦しいときもありますが、すごく楽しいです。
たとえば消防署であれば、出動がメインなので、緊急発令が鳴ってから出動するまでの動線をいかに短くするかを考えることが大切です。また警察署は、市民の相談を受ける部屋もあれば、被疑者を留置するための閉じた部屋も必要で、動線をよく考えてプランを立てなければいけません。
こんなふうにいろいろな用途の建物の設計を担当させてもらえるのは、すごくありがたいですし、この会社の良さだと感じています。


吉岡 駿介03

設計者にとって大切なのは、相手の立場になって物事を考えること

設計の仕事をする上で、大切だと思うことは?

常に相手の立場になってものごとを考えることだと思います。この「相手」というのは、建築主や施設利用者に限らず、仕事に関わる全ての人に対してです。この仕事は、非常に多くの人と関わります。設計者としてのこだわりはすごく大事なことですが、自分よがりになりすぎた行動は、結果として良い建築になり得ないと思っています。 また、設計者は日々選択を求められる職業です。そういった中で、たとえば自分はA案がやりたいのに、B案をやらなければいけないといった場面に出くわすことが多々あります。
そのときに腐らず、最高のB案をつくるぞ、という気持ちの切り替えも大切なことで、そうあるように心がけています。
あとは、新人の頃上司に、よい設計者になるにはどうあるべきか尋ねたことがありましたが、ただ一言、『努力』と言われたのが今でもすごく心に残っています。やはり、この言葉につきるのかなと。
設計は、完成までに長い時間がかかる仕事です。そのなかでデザインを考え、かたちにしていく時間は実は短く、あとの大半の時間は打ち合わせや資料作成、社内外での諸々の調整といったことに費やされます。仕事をスムーズに進めるためには、つねに一歩先を見て、考えることが大切だと思います。

職場はどんな雰囲気ですか?

アットホームで、非常に明るく仲がよい職場だと感じています。社員数もちょうど良い人数のため、みんなが顔見知りのような関係です。また私は社員会のメンバーとして、会社と話をする場を設けてもらっていますが、会社と社員が近いというか、これほど頻繁に役員の人たちと話ができる会社は少ないのではないでしょうか。社員の意見を聞いて、一緒に良い会社にしていこうとしているのを感じます。

入社希望者へのメッセージを

とにかく一生懸命な人が、私は好きです。たとえ模型づくりやスケッチがあまり得意じゃないとしても、それは練習すればいい話です。熱意があって一生懸命がんばることができる、そんな人と一緒に仕事をして、すてきな建築をつくっていきたいなと思っております。


吉岡 駿介04

いわくに消防防災センター
関わったプロジェクト:いわくに消防防災センター
東京都府中合同庁舎
関わったプロジェクト:東京都府中合同庁舎