ソリューション

Solution

IPD / BIM

Integrated Project Delivery / Building Information Modeling

独創的発想で高い品質の建築を創造します

安井建築設計事務所では、設計の早い段階で徹底的に絞り込んだ設計をまとめきる「フロントローディング」を重視し、多様化する環境問題や刻々と変化する設計条件にも柔軟に対応し、プロジェクト関係者との合意形成と高い品質の建物を実現できるよう、IPDにもとづく「顧客志向」のBIM活用を推進しています。BIM(Building Information Modeling)はクライアントの事業満足を高めるための建築プロセスの変革です。

安井建築設計事務所のBIM「建築画報」2014.11-359特集号より

BIMサークル

われわれは、創造される情報を設計から施工、維持管理にまで連続的・有効的に利用します。

BIMサークル

BIM+BIMt=IPD

われわれはBIMを単なる建物のモデリング技術とは捉えず、IPD(Integrated Project Delivery)の概念と融合させ「プロジェクトの利益共有者が情報共有して顧客の利益を最大にするマネジメントの仕組み」と概念を拡大し業務展開しています。

BIM関連図

コンカレント型設計プロセス

フロントローディングと意匠・構造・設備が並行して設計を進めるプロセス変革を行い、設計期間の短縮を図っています。

新旧設計プロセス

国土交通省青海総合庁舎(2007年プロポーザル特定)

国内初のBIM適用試行プロジェクトとして設計から施工までのプロジェクトフェーズでさまざまな試行がなされ効果が試されました。

4. 国土交通省青海総合庁舎パース   4. 国土交通省青海総合庁舎

 

われわれは設計性能が決められる基本設計段階での未決定要素を最小限にし、早い設計段階で数値検証を行うことにより設計性能を把握したデザイン決定を可能としています。また、FM手法を取り入れることにより建物の誕生から解体・廃棄までの総費用=ライフサイクルコストの75%を占める維持・管理費を縮減します。

景観シミュレーション

景観シミュレーション

ビル風シミュレーション(風環境)

ビル風シミュレーション

環境シミュレーション(温熱環境)

環境シミュレーション

照度・輝度シミュレーション(光環境)

照度シミュレーション

ライフサイクルコスト(LCC/省エネルギー)

ライフサイクルコスト    エネルギー収支シミュレーション

プロジェクト情報の視覚化は様々な面で不整合を無くし、クライアントと建築業界の信頼関係が高まると考えます。われわれは3次元総合図を始めとする施工段階でのBIMデータ利用にも取り組んでいます。

統合モデル

意匠・構造・設備を統合化した3次元総合図の試みを幾つかの施工プロジェクトで行っています。

統合モデル統合モデル
BIMモニター画面

ファシリティマネジメント利用(BIM&FM)

BIMの究極はFMであると言われています。
BIMデータに記述された属性データを効果的に利用することで施設管理維持に有効に利用できます。

BIM+FM

BIM+FM

BIM+FM

われわれが5年余りにわたって経験したBIMの技術や設計プロセス変革のコンサルタント等が必ず皆さまのお役にたつと確信しています。

BIMの推進と普及の3つの要件

BIM利用を実現するためには「標準化」「教育・研修」「手順・ルール化」が不可欠であり必須条件である事を学びました。

BIMの推進と普及の3つの要件

意匠設計用BIMテンプレート(商標登録:5518019)

われわれが経験蓄積したノウハウの一部を公開することで、皆さまのBIM推進の手助けになればと2011年にパッケージ化し市販しております。 内容詳細

意匠設計用BIMテンプレート

Copyright (c) 1998-2017 Yasui Architects & Engineers, Inc.

PAGE TOP