T O D A Y !

「BIMその進化と活用-建築を目指す人、BIMに取り組む人のガイドブック」発刊のお知らせ

公益財団法人日本建設情報技術センターが企画・編著し株式会社日刊建設通信新聞社より9月に発刊されました「「BIMその進化と活用-建築を目指す人、BIMに取り組む人のガイドブック」に、当社グループ会社の株式会社安井ファシリティーズ、ゼネラルマネジャーの中元三郎が執筆に参加しました。

BIMを利用するために必要な知識と技術を体系的にまとめたものです。
BIMの基礎からメリット、課題、使い方まで、BIMに取り組もうとする方から建築を志す学生まで、広く読んでいただきたい1冊です。

(安井建築設計事務所 広報部)

安井「BP-network(BPネットワーク)」の開発に協力

このたび、建設現場の状況をクラウド上で情報共有できるサービス「BP-network(BPネットワーク)」についてプレス発表がなされました。
名古屋市に本社を置くSPデザイン株式会社が企画・開発・販売し、当社はその開発に協力しました。
これまで当社が培ったBIMやICTの知見を盛り込み、「建築プロセス改革/効率化」の一助になるものと期待しています。

(more…)

建設通信新聞BIM特集~社長・佐野インタビュー「広がるビジネスの枝葉」

5月31日(火)に発刊されました業界紙『建設通信新聞』(第二部)の特集「BIM2016~成功体験が次の確信」の紙面で、当社社長・佐野吉彦のインタビューが第1面で掲載されました。以下、日刊建設通信新聞社の了解をいただき、掲載全文を転載させていただきます。

特集のリード文でも、現在のBIMは「作図から業務、さらには経営のツールへと、その可能性は多様性を帯びている」と紹介されています。当社のBIMも「顧客にとってのメリット」を第一に、計画から維持管理、経営判断の一助に、そこから広く社会に有益なBIMとなるよう推進しています。参考にしていただければ幸いです。
(安井建築設計事務所 広報部)

(more…)

市立吹田サッカースタジアムの建築秘話が紹介されました

当社がCM(コンストラクション・マネジメント)を担当し、ガンバ大阪の新しいホームスタジアムとして完成した「市立吹田サッカースタジアム」。昨年2015年10月の竣工式からピッチ(芝)や施設の調整も進み、まもなく2月14日(日)に開催される杮落し「Panasonic Cup」にサッカーファンの期待も膨らんでいます。

(more…)

BS朝日「現代建物遺産」でサントリーホールが紹介されます

今年の3月に放映されたBS朝日の番組『建物遺産』特別編で、当社が設計・監理を担当した「東京国立近代美術館フィルムセンター相模原分館 映画保存棟」が紹介されました。(当コーナーでもご紹介しています)

同じくBS朝日『現代建物遺産』で、来る9月17日(木)・24日(木)(いずれも夜10:54~11:00)の2回にわたり、当社の代表例でもあるサントリーホールが紹介されます。<当初、10日(木)、17日(木)でご案内しましたが、放送日が変更になりました>

(more…)

PAGE TOP