会社案内

Profile

ごあいさつ

コーポレートメッセージ

人やまちを元気にする

経営理念

われわれは、創業からの歴史を踏まえ、着実な建築創造活動を通じて顧客と社会が求めるものを的確に実現します。かたちとして生まれた建築、その中で育まれたプロセスが地域・社会を豊かにし、人の心を元気にする。そうした願いを抱きながら、人と社会に寄り添い、未来へと貢献してまいります。

ご挨拶

代表取締役社長 佐野吉彦

安井建築設計事務所は1924(大正13)年に創業しました。それから程なく100 周年を迎える途上で、一貫して、社会や発注者と丹念に対話をしながら建築をつくりあげてまいりました。これからも、国内外におけるさまざまな設計監理業務・プロジェクト
マネジメント業務などを通じて、あらたな建築のありかたを構想し、社会の明日を切り開くための造形と技術、そして知恵を生み出してゆきます。われわれはこうした仕事に携わることに誇りを感じておりますし、だからこそ自らを磨き続けたいと考え
ています。
建築は、社会のいろいろな場面で人の心を動かし希望を与え、時代を変えてきました。歴史上のどの時代も、人間はいかに理想的な社会をつくるかを考え、そのために技術を進化させる努力をしています。その中での建築設計者の役割は、人間がそれを賢く
使いこなすために確かな「かたち」を与えることでした。その作業にいそしむ姿勢はこれからも変わりませんが、変化の激しいこれからの時代を、設計者を含む多様な経験と感受性豊かな専門家によるチームによって先取りし、かつ着実に切り開きます。
その答えを私たちは建築主との対話の中から、建築主とともに探し出してきました。そこから導き出したものとは、何よりも社会や建築主にとってベストの答えであるはずだと、私たちは考えています。
安井建築設計事務所は必ず社会の力になると確信します。どうかご期待ください。

代表取締役社長 佐野吉彦

<佐野吉彦プロフィール>
1954年神奈川県⽣まれ、兵庫県西宮市に育つ。1979年東京理科大学工学部一部建築学科卒業、1981年東京理科⼤学⼤学院⼯学研究科建築学専攻修了。1981年株式会社竹中工務店入社、1986年株式会社安井建築設計事務所入社。1997年同代表取締役社⻑現在に至る。
⽇本建築⼠事務所協会連合会会⻑、大阪府建築士事務所協会会⻑、日本建築家協会副会長、国際委員長、日本建築協会会長、日本建築学会学会賞審査委員、UIA2011東京大会(第24回世界建築会議)日本組織委員会運営部会⻑、京都工芸繊維大学大学院工芸研究科客員教授などを歴任。
現在、NPO法⼈取⼿アートプロジェクトオフィス理事⻑(2010-)、平河町ミュージックス実⾏委員⻑(2009-)、⼤連理⼯⼤学建築学部客員教授、瀋陽建築⼤学客員教授、釜山仁済大学特別招聘教授、東京理科⼤学大学院⼯学研究科客員教授ほか。
2011年国土交通大臣表彰、2016年Honorary FAIA(アメリカ建築家協会名誉フェロー会員)、2018年Honorary FKIA(韓国建築家協会名誉フェロー会員)
《代表作品》灘高等学校新高校棟(神戸市東灘区)、東京汐留ビルディング(東京都港区)、有明パークビルディング(東京都港区)、カトリック・レデンプトール修道会本部・カトリック聖アルフォンソ初台教会(東京都渋谷区)ほか。
《著書》「建築から学ぶこと」(水声社)、「つなぐことで、何かが起こる─建築から学ぶことⅡ」(建築メディア研究所)など。

Frontier Mind

Copyright (c) 1998-2019 Yasui Architects & Engineers, Inc.

PAGE TOP