ソリューション

Solution

ライフスタイルデザイン研究所

「ライフスタイルデザイン研究所」って何?

ライフスタイルデザイン研究所会議風景

近年、社会状況の変化に対応して、人々のライフスタイルは複雑多様に変化してきています。この変化が都市や建築をどのように変えていくのか。このことは都市計画や建築設計を行っている組織として常に関心事であり研究のテーマでもあります。

そこで、こうした観点から社内外の”知恵の連携と統合”を進めながら、これからの都市計画や建築設計について、さまざまなテーマ研究のプラットホームを用意し、多くの提案を行っていきたいと考えて設立したものが、「ライフスタイルデザイン研究所」(LSD研究所)です。

 

「ライフスタイルデザイン研究所」ではこんな研究をしています

ライフスタイルの変化によって、都市や建築がどのように変わっていくのか、そしてその変化の中で近い将来に必要となるものは何かを具体的な形で社会や建築主に提供することが、「ライフスタイルデザイン研究所」の主な活動の目的です。

このため、社会トレンドやライフスタイルの変化を予測することが重要であり、現在課題となっている人口減少や少子高齢化などによる“逆都市化”にスポットを当て、まず「シュリンキング・シティ(縮小する都市)」の研究を行っています。

具体的に研究しているテーマとしては2つあり、ひとつは、”廃校となった小中学校のコンバージョンによる縮小都市への対応研究”を行っています。もうひとつは、”縮小都市における駅前開発及び既存商店街のあり方研究”を行っています。研究は、大学の研究室とのコラボレーションにより進めています。

社内外の”知恵の連携と統合”を進めています

「ライフスタイルデザイン研究所」は、下図のように研究を行っています。

ライフルタイルデザイン研究所組織図

「ライフスタイルデザイン研究所」の活動をご報告いたします

皆様のご意見やご要望などをお待ちしております

現在、新たな研究課題の掘り起こしを行っております。皆様のご意見等をお聞かせいただければと思います。

Copyright (c) 1998-2019 Yasui Architects & Engineers, Inc.

PAGE TOP