作品紹介

WORKS

大阪ステーションシティ・サウスゲートビルディング(アクティ大阪増築)

OSAKA STATION CITY South Gate Building, ACTY OSAKA Extension

大阪站南门大厦(増建)

大阪ステーションシティ・サウスゲートビルディング(アクティ大阪増築)
  • 大阪ステーションシティ・サウスゲートビルディング(増築)
  • 大阪ステーションシティ・サウスゲートビルディング(増築)
  • 大阪ステーションシティ・サウスゲートビルディング(増築)
  • 大阪ステーションシティ・サウスゲートビルディング(増築)
建築主 大阪ターミナルビル(株)・西日本旅客鉄道(株) 所在地 大阪市北区 構造 S・SRC造
階数 地上28階 地下4階 延床面積 37,228m² 竣工 2011年2月
主要用途 商業施設 撮影 竹中工務店 設計 安井建築設計事務所・JR西日本コンサルタンツJV
備考 旧大阪ターミナルビル「アクティ大阪」の増築
リンク
資料
*面積は概数値
JIA25年登録2015
第32回大阪都市景観建築賞(大阪まちなみ賞)大阪市長賞
第57回鉄道建築協会賞(作品部門)最優秀協会賞
第13回日本免震構造協会賞2012 作品賞(特別賞)
平成23年照明普及賞
平成23年度優良消防用設備等消防庁長官表彰

 

  • 東日本大震災でも問題となった長周期地震動は、特に超高層ビルでの「共振」で大きく増幅される。新築ビルでは相応の対策をとれるものの、既存の超高層ビルでは重要な課題となっている。 当社の設計で1983年に竣工した大阪ターミナルビル「アクティ大阪」は建築基準法改正により構造的に既存不適格となったビルにあたり、振動特性の異なる新しい増築躯体と既設躯体とをオイルダンパー(連結ダンパー)で接続する「連結制震」の考え方を採用し増築した。これにより、既設躯体の耐震補強を最小限に済ませることができたばかりでなく、新旧躯体間のエキスパンションジョイントの寸法も450㎜と一般的な寸法の範囲内に設定することができ、長周期地震動を含むさまざまな予測地震動に対して、制振力を高めることを実現した。 駅前空間の一体性・囲繞感・存在感の創出、駅の構え・顔づくり、駅からまちへの見通しの確保、既存と増築との一体感創出に配慮した。特徴ある外観と駅からまちに堂々と出入する歩行者の姿は、駅とまちとの密接な関係を物語っている。

  • The long-cycle ground motion that was a problem in the Great East Japan Earthquake greatly amplifies shaking through resonance, particularly in super-highrise buildings. This project is an expansion of ACTY Osaka in the Osaka Terminal Building, our design, which was completed in 1983. In expanding the building, which had become structurally non-compliant with the amendment of the Building Standards Act, we used the coupled vibration control approach, which connects the expanded structural frame and the existing structural frame, which have differing vibration characteristics, through oil dampers(coupling dampers). This method enabled us to minimize earthquake resistance reinforcement of the existing structural frame. Furthermore, we were able to keep the dimensions of the expansion joints between the new and old structural frames within 450mm, which is within the range of common dimensions. This enabled us to raise the vibration damping performance of the building as a whole against various predicted ground motions, including long-cycle ground motion.Our design takes into consideration the sense of surrounding unity and presence projected by the open space in front of the station, the stance and “face” of the station, provision of lines of sight from the station to the city, and integration between the older building and its extension. The characteristic facade, and the sight of pedestrians making their way into and out of the city through the station, speaks of the close relationship between the station and the city.

Copyright (c) 1998-2019 Yasui Architects & Engineers, Inc.

PAGE TOP