作品紹介

WORKS

神戸医療イノベーションセンター

Kobe Center for Medical Innovation

---

神戸医療イノベーションセンター
建築主 株式会社OMこうべ 所在地 兵庫県神戸市 構造 S造
階数 地上5階 延床面積 9,467m² 竣工 2017年3月
主要用途 研究所 撮影 SS大阪 設計
備考 (仮称)『京コンピュータ前』駅前パイロットビル新築工事 として建設
リンク
資料
*面積は概数値

第51回 日本サインデザイン(SDA)賞入選(A-2類、D類)

  • 神戸医療産業都市として開発が進む人工島(ポートアイランド2期)の新交通システムの駅前が計画地である。製薬企業や創薬ベンチャー企業が基礎研究から、医薬品等の研究開発に対応できるレンタルラボの新築計画であり、必要な機能性をじゅうぶん確保したCPC(細胞培養センター)対応ウェットラボや一般ウェットラボを整備している。駅と直結するペデストリアンデッキレベルの2階を主玄関としながら、1階レベルとともに建物内外に交流スペースを設けている。時間とともに様々な表情の陰影をうむ外部設備スペースのアルミ目隠しスキン材は、まちの景観をリードする新たなランドマークとなることを意図している。
  • The planned location is in front of a station of the new transit system on an artificial island called Port Island 2nd Stage . The island is being developed as Kobe Biomedical Innovation Cluster (KBIC) . The plan is to build new rental laboratories which pharmaceutical companies and drug development venture companies can use for everything from exploratory research to R&D into drugs etc. To provide the necessary functionality, the building is equipped with wet labs that can serve as cell processing centers, and with general wet labs. The entrance is on the 2nd floor pedestrian deck level, which connects directly to the station, and the 1st and 2nd floor levels have community spaces inside and outside the building. The aluminum screen skin over the external equipment spaces cast shadows that take on various expressions through the day. This building was designed as a new landmark to lead the scenery of the district.

Copyright (c) 1998-2019 Yasui Architects & Engineers, Inc.

PAGE TOP