作品紹介

WORKS

神戸ポートオアシス

Kobe Port Oasis

---

神戸ポートオアシス
建築主 神戸市 所在地 神戸市中央区 構造 S造
階数 地上5階 延床面積 4,736m² 竣工 2017年6月
主要用途 集会場、事務所、飲食店舗、物販店舗 撮影 エスエス大阪支店、米田正彦写真事務所 設計
備考
リンク
資料
*面積は概数値
第20回人間サイズのまちづくり賞まちなみ建築部門奨励賞
  • 平成29年1月に150年を迎える神戸港の開港を記念する総合福利厚生施設。
    施設名称の「神戸ポートオアシス」は市民からの公募により決定。
    周辺の歴史的建築である神戸税関やデザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)、新港貿易会館と調和した外観デザインと、まちと港を繋ぐ立地条件を生かした内外と一体となった3層吹き抜けのイベント広場(セイルコート)を計画。隣接する神戸三宮フェリーターミナルやKIITOとともに、港町神戸の玄関口として新たな賑わいを創出する施設となる。
    1階には地域に開放された食堂とコンビニを設け、2・3階は音楽イベントも開催可能な400人収容の多目的スペース、4・5階は会議室と事務室を配置し、この地区のデザインをリードし、市民に長く愛される建築を目指している。
  • This general welfare facility was built to commemorate the 150th anniversary, in January 2017, of the opening of Kobe Port.
    The name “Kobe Port Oasis” was decided by a public contest.
    Kobe Customs, KIITO Design and Creative Center Kobe, and Shinko Boeki Kaikan are nearby historic buildings, and the exterior design of Kobe Port Oasis harmonizes with them. Making the most of the location, which links the town and the port, we planned an event space (Sail Court) with a three floor atrium that unifies interior and exterior. Together with the adjacent Kobe Sannomiya Ferry Terminal and KIITO, this facility generates new lively activity, as the entrance to the port town of Kobe.
    The 1st floor has a cafeteria and convenience store that are open to the general public, while the 2nd and 3rd floors have multi-purpose spaces able to hold up to 400 people for musical events, and the 4th and 5th floors have offices and meeting rooms. We aimed to create a building that would lead the design of the district and be loved by local people for a long time.

Copyright (c) 1998-2019 Yasui Architects & Engineers, Inc.

PAGE TOP