作品紹介

WORKS

大阪工業大学大宮キャンパス2号館建築学科移転に伴う改造工事

Osaka Institute of Technology Omiya Campus Building No.2

---

大阪工業大学大宮キャンパス2号館建築学科移転に伴う改造工事
建築主 学校法人常翔学園 所在地 大阪市旭区 構造 RC造
階数 地上5階 地下1階 延床面積 5,130m² 竣工 2018年2月
主要用途 大学 撮影 AYAMI、大末建設 設計
備考
リンク
資料
*面積は概数値

第52回 SDA賞 銀賞(2018)

  • 建築に夢中になれる空間をつくる
    大阪工業大学大宮キャンパス2号館を改修し、建築学科が移転してくるためのリニューアルプロジェクトである。本プロジェクトでは、建築教育ならではのデザインや学習・交流を促す空間が強く求められた。
    1階、製図室にはスケール感を学習できるスケールストリート、ジュリーコーナーには様々な寸法や樹種を散りばめた段々ベンチのある空間を計画し、建築教育ならではのスケールや素材を日常的に体得できる開かれた建築空間としている。
    4・5階では、建物中央に配置したストリートに面して垣間見える教員室と研究室を千鳥配置とし、開かれたラボと相互補完関係をつくることで、交流を生み学際を促すオープンラボとしている。
  • Creating a space where people can be entranced by architecture
    This renewal project remodeled the Building No.2 on the Omiya Campus of Osaka Institute of Technology, to accommodate the relocation of its Department of Architecture. It absolutely required spaces that encourage the design, learning and exchange that are unique to architectural education.
    For the drafting rooms on the 1st floor, we planned spaces scattered with stepped benches of various dimensions and timber types, in the scale street and jury corner areas, so that occupants can learn sense of scale. This open architectural space lets students learn about scale and materials, which are characteristic elements of architectural education, on an everyday basis.
    On the 4th and 5th floors, staff rooms and research labs are arranged in a staggered pattern where they can be glimpsed from the “streets” they face in the center of the building. These spaces are in mutually complementary relationships with the open labs, to produce lab spaces which generate interaction and encourage interdisciplinary approaches.

Copyright (c) 1998-2019 Yasui Architects & Engineers, Inc.

PAGE TOP