作品紹介

WORKS

あいち航空ミュージアム

Aichi Museum of Flight

---

あいち航空ミュージアム
建築主 愛知県 所在地 愛知県西春日井郡 構造 S造
階数 地上2階 延床面積 7,899m² 竣工 2017年9月
主要用途 空港施設(展示場) 撮影 土面彰史 設計
備考
リンクあいち航空ミュージアム
資料
*面積は概数値

第13回愛知建築賞奨励賞(2019)

  • 県営名古屋空港周辺は、日本初の国産ジェット旅客機であるMRJが生産されることもあり、航空機の開発・生産の場のみでなく、航空機をテーマとした学校教育・人材育成・産業観光の場を目指して整備が進められている。「あいち航空ミュージアム」はその中核施設として、周辺各施設との連携を行い、地域活性化を図ることを意図し計画された。
    名古屋空港はMRJ及びYS-11が初飛行を行った場所であり、これらを空港エプロンから直接入庫して展示できるよう、エプロンに面して大扉を設け、メガフレームによる大スパンの展示スペースを確保した。
    外観はシンプルなものとし、周囲と調和するよう格納庫を想起させるものとした。入口側は航空機の上昇感を感じさせる大庇のデザインにより魅力的な景観とするとともに、来場者がスムーズにアプローチできるように配慮した。
    また、隣接する商業施設と渡り廊下で接続して航空メッセプラザを設けるなど、人の往来を容易にし、交流が行われやすい計画とした。
  • The area around Nagoya Airport for business aviation  includes the production site for the MRJ, Japan’s first domestically-manufactured jet. Besides being the scene of aircraft development and production, the area is being developed to make it a zone for school education, personnel training, and industrial tourism, themed on aircraft. As the core facility of that area, Aichi Museum of Flight is linked with the other nearby facilities, and was planned to stimulate the local area.
    Nagoya Airport was the first place where the MRJ and YS-11 ever flew, so the design for this exhibition space uses a large-span mega-frame with broad doors facing the airport apron. This arrangement allows planes to be moved directly from the apron to the interior for display.
    The exterior is kept simple, and reminiscent of a hangar, to blend in with the surroundings. The design of the broad eaves on the entrance side creates attractive scenery, with the feeling of aircraft soaring upwards, and also provides a smooth approach route for visitors.
    Adjoining commercial facilities are linked through covered walkways, and the airport Messe Plaza was added. This plan makes it easier for people to move around and meet each other.

Copyright (c) 1998-2019 Yasui Architects & Engineers, Inc.

PAGE TOP