作品紹介

WORKS

JR九州新熊本支社

Kyushu Japan Railway Company, Kumamoto Branch

---

JR九州新熊本支社
建築主 九州旅客鉄道株式会社 所在地 熊本市西区 構造 S造一部木造(CLT)
階数 地上1階 延床面積 3,109m² 竣工 2018年3月
主要用途 事務所 撮影 写真提供:JR九州、オープンハウス 設計
備考 構造設計:安井+住友林業、監理:JR九州建設工事部施設課
リンク
資料
*面積は概数値

 

第63回鉄道建築協会賞 作品部門入選
第31回日経ニューオフィス賞 九州・沖縄ニューオフィス奨励賞 ※

 

※建築主より応募

 

  • 熊本駅の北方に位置する鉄道高架下の敷地に計画されたJR九州の新熊本支社である。JR九州では地元木材を用いて車両や駅舎等の木質化を積極的に行っている。そのため本建物においても地場産材を用いた木造化、とりわけ「CLT」という新たな木質建材を鉄道高架下に用いる試みを行った。地場産の木材を用いたCLTによってかたちづくられる建物は、地域貢献と先進性を体現し、木のぬくもりを感じる空間を形成している。本建物は環境省の補助事業である「木材利用による業務用施設の断熱性能効果検証事業」を活用しており、今後複数年に渡りCLTの省エネ・省CO2効果について検証を行うこととしている。
  • The new Kumamoto branch of Kyushu Railway Company was planned for a site under an elevated railway section on the north side of Kumamoto Station. Kyushu Railway Company is actively using locally-grown timber to add wooden finishes to its rolling stock, station buildings, and elsewhere. Therefore, this building also uses local timber for its wooden structure. In particular, we tried using “CLT” (cross-laminated timber), a new wooden construction material, under the elevated railway. The building we formed from CLT, which was made from local timber, achieves innovation and community contribution, and forms spaces that give a feeling of the warmth of wood. This building made use of the “Project to validate the insulative performance effects of business facilities which use timber,” which is a subsidy project by the Ministry of the Environment. It will be used over the next several years to validate the energy-saving and CO2-reduction effects of CLT.

Copyright (c) 1998-2019 Yasui Architects & Engineers, Inc.

PAGE TOP