T O D A Y !

高校生が「職場訪問」にやってきました!

10月31日(月)に神奈川の県立高校2年生宮原くん(仮名)が、学校の特色科目「コミュニケーション」の課題で、当社東京事務所へインタビュー取材に訪れました。
設計部の様子など事務所内を見学、ご案内したあと、『人と仕事~その生き方に学ぶ』をテーマに、設計部員が応えております。

原くん(手前)の“尋問”に、設計部員(右)も冷や汗

質問
「Q:なぜ、この道、この仕事(建築設計)を選んだのか?」
「Q.この仕事でいちばん苦労している、難しいことは?」
「Q.仕事で良かった!と思ったことは?」
「Q.この仕事に就くために必要なことは?」
「Q.どんな人がこの仕事に向いているでしょうか?」
「Q.仕事をするとき、気をつけるべきことは?」
「Q.働くこと。とは?」「Q.高校~大学と、学生のうちにやっておくべきことは?やっておくべき勉強は?」
「Q.この仕事から学んだことは?」
 
応対した設計部員(30数年の人生)に鋭く迫る質問でしたが、「形として残る、夢のある仕事」として建築設計の魅力をお伝えしました。

 

お客様はじめ、人とのコミュニケーションの大切さ、日常生活でのアンテナ・情報収集、海外に旅しよう、いろんなことに「好奇心」を、などのポイントもアドバイスしました。

 

近い将来、宮原くんがこの建築という世界に飛び込んで、活躍できること、期待しています。
(広報部)

カテゴリー: 教育・育み/TODAY

PAGE TOP