T O D A Y !

平河町ミュージックス第20回公演御礼 「音楽の友」に掲載

地域との連携や活性化、音楽文化の醸成を目的に、当社安井建築設計事務所も運営に協力している「平河町ミュージックス」。5月17日(金)に2013年春季公演・第20回として、笙奏者・石川 高さんの演奏で開催されました。ゲスト演奏として篳篥(ひちりき)の中村仁美さんも加わり、雅楽独特の神々しい音色に深みが増しました。

 

 今回も途中、「中二階」からの演奏もあり、音が降りてくる感覚も楽しんでいただけたのではないでしょうか。

 

 演奏後の歓談の時間では、恒例の「音楽教室」も。息が結露しないように途中温めながら演奏される笙ですが、めずらしい楽器を目の前に来場者の興味深い質問に答えていただきました。

 

 詳しい演奏のようす、レポートは平河町ミュージックスのWEBサイトにアップされています。どうぞご覧ください。

また前回の公演で、クラシック音楽の老舗雑誌、月刊「音楽の友」(音楽の友社)の取材を平河町ミュージックスが受けたこと、4月2日(火)の当コーナーで触れていましたが、掲載された6月号がこのたび発刊されました。連載中「コンサート・スペースに行こう~クラシック音楽の穴場を探せ」のコーナー、第5回として紹介されています。ぜひ書店等でご購入、ご一読ください。

 

 今後、2013年春季公演は以下を予定しています。

・第21回:7月5日(金)/通崎睦美(木琴)+ゲスト演奏者:本村睦幸(リコーダー)

今回20回の公演を終え、回数では「ハタチ」を迎えた平河町ミュージックス。これからも、少しずつでも、地域・社会と連携し、音楽文化の醸成にお役に立つよう「成長」していく努力を続けます。

通常の音楽ホールでは味わうことのできない身近な音を感じ、楽器を目の前に見て、公演によっては触れることもできます。ぜひ会場で、「音と人とのふれあい」をお楽しみください。

(安井建築設計事務所 広報部 兼 平河町ミュージックス実行委員会ワーキンググループ)

<平河町ミュージックスのチケット・お問い合わせ>

PAGE TOP