T O D A Y !

新大阪センイシティー「ゆめっせ」新ビルが完成しました

当社が設計・監理を担当し、計画を進めておりました協同組合新大阪センイシティー「ゆめっせ」の新ビルが完成し、11月8日(金)現地でグランドオープンのセレモニーが執り行われました。
昭和44年、繊維卸売問屋街として1~3号館、延べ面積12.9万㎡の規模でオープンしたセンイシティー。

その後、時代のニーズとともに再整備を重ね、今回の建物は旧センイシティー2号館の敷地を2分割した東側に建設。敷地の西側には、スーパーマーケットのライフ(11月20日オープン予定)が建設されており、両者による一体的な商空間が同時に実現します。

外観は繊維をイメージした計画とし、1、2階に組合員の卸売と小売の店舗合わせて24店舗が入居しました。

 

新大阪エリアも、かつてのビジネス街のイメージから近年住宅地として急速な発展が進んでいます。

「夢」とドイツ語で“見本市”を表す「メッセ」を組み合わせた『ゆめっせ』の愛称通り、この新ビルが「多くの方に夢をお届けする市場」として生活に密着し、長く愛されることを願っています。

 

(安井建築設計事務所 設計担当・広報部)

PAGE TOP