T O D A Y !

トラスコ中山プラネット九州が着工しました

当社が設計を担当し、計画を進めておりました「トラスコ中山プラネット九州」の新築工事起工式が、11月29日(木)現地で執り行われ工事がスタートしました。

同プロジェクトはトラスコ中山株式会社が九州地区の物流拠点として整備する大型倉庫です。

完成イメージパース(北面)

完成イメージパース(北面)

道路境界線に沿って緩やかなカーブを描きながら北側に大きく張り出した2階部分(食堂・会議室等)が外観を特徴づけています。また、北面に設けた縦スリットの開口部は、長大な壁面にリズムを刻むとともに、倉庫の商品に悪影響のある直射日光や紫外線の影響の少ない北側の安定した光を取入れる機能を併せ持っています。

約100mの長さのある倉庫部分はセンターコアのプランとし、作業効率の向上に配慮しています。

照明はすべてLED照明とし、倉庫内や廊下、便所等は人感センサーにより点滅を制御。また、屋上に太陽光発電を設置し一部停電時にも利用できるなど、機能性、快適性、メンテナンス性、地域環境、労働環境に配慮した設計となっています。

 

予定されている2014年12月の完成まで工事の安全を祈願し、建築主関係者、地域の方々をはじめ、工事・施工に関わる関係者の皆様のご理解とご協力をいただきながら、当社も工事監理・調整に努めます。

引き続きよろしくお願いいたします。

 

(安井建築設計事務所 設計担当・広報部)

PAGE TOP