T O D A Y !

(仮称)吹田市立スタジアムが着工しました

当社がCM(コンストラクション・マネジメント)業務を担当し、ガンバ大阪のホームスタジアムとして大阪府吹田市にある千里万博公園内で計画中の「(仮称)吹田市立スタジアム」の起工式が12月15日(日)、現地でおよそ130名の関係者を集めて執り行われました。

提供:スタジアム建設募金団体

完成予想パース/スタジアム建設募金団体 提供

収容人員4万人、高さ約40mで計画された当スタジアムは世界初となる超軽量・免震屋根架構(3Dトラス構造)を採用し、Jリーグの試合だけでなく国際試合も開催できる仕様になっています。スタジアムピッチ照明はLED(光ダイオード)を採用し、従来の同規模スタジアムより大幅にエネルギー使用量を削減するなど、CASBEE(建築環境総合性能評価システム)Sランクの「エコ・コンパクトスタジアム」を目指しています。

 

また、当計画の事業主体はスタジアム建設募金団体で、企業や市民からの寄付金とスポーツ振興事業関連の助成で建設されます。現時点で目標140億円に対し、助成金も含め113億円の寄付が集まっています。完成後は吹田市に寄贈されガンバ大阪がホームスタジアムとして使用するほか、地域住民や企業の交流や地域の防災拠点としての機能も担う予定です。

 

予定されている2015年秋の完成まで工事の安全を祈願し、スタジアム建設募金団体関係者、地域の方々をはじめ、設計・工事・施工に関わる関係者の皆様のご理解とご協力をいただきながら、当社も調整・マネジメントに努めます。引き続きよろしくお願いいたします。

 

なお、不足となっている目標寄付金額へ募金の受付も継続されています。ご協力いただける方は、以下スタジアム建設募金団体のWEBサイトへアクセスください。

ガンバ大阪 スタジアム建設募金団体 公式ホームページ

 

(安井建築設計事務所 プロジェクト担当・広報部)

PAGE TOP