T O D A Y !

平河町ミュージックス第28回公演御礼

地域との連携や活性化、音楽文化の醸成を目的に、当社安井建築設計事務所も運営に協力している「平河町ミュージックス」。9月19日(金)に2014年秋季公演・第28回として、ヴァイオリン奏者・荒井英治さんの演奏が行われました。

東京フィルハーモニー交響楽団のソロ・コンサートマスター、モルゴーア・クァルテット等々八面六臂の活躍を続けられているヴァイオリニストの荒井さん、当日も高橋悠治作品ほかクルターク、エサ=ペッカ・サロネン作品など意欲的かつ貴重な演奏が行われました。「無伴奏ヴァイオリンの夕べ」と題された今回、まさに初秋を感じさせる音色が響きました。

平河町ミュージックスのミッションの1つ、さまざまな演奏形態の模索、会場の空間を生かした「音の実験的ステージ」としても興味深い演奏が繰り広げられました。

弦を弓で振動させる通常の弾き方、曲によっては指ではじくことも。

弦を弓で振動させる通常の弾き方、曲によっては指ではじくことも。

天井の高いこの会場を「音の実験的ステージ」に。中2階から降りそそぐ音に聴き入る。

天井の高いこの会場を「音の実験的ステージ」に。中2階から降りそそぐ音に聴き入る。

詳しい演奏のようす、レポートは平河町ミュージックスのWEBサイト・スタッフBlogにアップされています。どうぞご覧ください。

また今後、2014年秋季公演は以下の出演者を予定しています。

・第29回:11月14日(金)/西江辰郎(ヴァイオリン)+上森祥平(チェロ)

・第30回:11月28日(金)/西 陽子(箏リサイタル)

通常の音楽ホールでは味わうことのできない身近な音を感じ、楽器を目の前に見て、公演によっては触れることもできます。

ぜひ会場で、「音と人とのふれあい」をお楽しみください。

 

(広報部 兼 平河町ミュージックス実行委員会ワーキンググループ)

 

<平河町ミュージックスのWEBサイト/チケット・お問い合わせ>

PAGE TOP