T O D A Y !

市立吹田サッカースタジアム完成!ガンバ大阪のホームスタジアムとして

当社がCM(コンストラクション・マネジメント)を担当し、ガンバ大阪のホームスタジアムとして大阪府吹田市にある千里万博公園内で建設が進められていた「市立吹田サッカースタジアム」が完成し、去る10月10日(土)には現地で関係者と建設費を寄付したサポーター約4,400人を集めた竣工式も執り行われました。

新スタジアムの建設は、スタジアム建設募金団体が事業主となり、建設費用を法人や個人からの寄付と助成金で賄うという新しいスキームが注目を集めていました。完成後は吹田市に寄贈、同市の公共施設となり、株式会社ガンバ大阪が指定管理者として運営にあたっていきます。

当社はCMr(コンストラクション・マネジャー)としてプロジェクトの初期段階、施工者の選定などから建設事業の推進・マネジメントに関わってきました。

今回は寄付金の募集状況に応じた柔軟な対応を行うことを主眼に、コスト管理の徹底と竣工までの工期短縮、品質管理と責任の一元化といった条件から「設計・施工一括方式」をとりましたが、プロポーザルで選定された竹中工務店の案は、そうした課題をクリアした優れた案として当社も評価に参画しました。

以後、実際の設計・施工段階においても竹中工務店と当社は良きパートナーとして、事業主(ガンバ大阪ほか)とも密な調整・連携を図りながら、施設の完成に至っています。

当社も竹中工務店も大阪に本社を置く「地元関西」の企業。このスタジアムが関西・大阪の新たなシンボルとなるよう「大阪を元気に!大阪のために!」という想いで取り組んできました。

完成までたいへんお世話になった関係者のみなさまに心より御礼申し上げます。

 

来年2016年2月の杮落しから本格的な使用開始に向け、ピッチ(芝)の手入れほか施設の準備も進んでいます。

ガンバ大阪では、来る11月23日(月・祝)に「新スタジアム見学会(第2回)」を、また12月以降も「スタジアムツアー」を開催される予定です。(詳細はオフィシャルホームページ参照)

今後もご注目ください。

 

(安井建築設計事務所 プロジェクト担当・広報部)

写真提供/ガンバ大阪

PAGE TOP