T O D A Y !

シンポジウム「建築界からの提言“東京構想POST2020”より安全で楽しい東京へ」開催のお知らせ

このたび、東京三会建築会議レガシー委員会(一般社団法人東京建築士会一般社団法人東京都建築士事務所協会公益社団法人日本建築家協会関東甲信越支部)がまとめた提言書「建築界からの提言“東京構想POST2020”より安全で楽しい東京へ」が公表されました。
当社東京事務所企画部の脇宗一郎も東京都建築士事務所協会の活動に参画する立場で執筆協力し、約1年がかりでまとめられています。「木密地域の安全性向上」「空き家問題」など東京の都市問題へ、また建築家・建築士が果たすべき役割など、将来的ビジョンを提案しています。
東京都・関係部局~中央省庁などに配布・説明し、市民・地域社会にも広くアピールすると同時に各会とも会員への周知と認識共有に努めるものです。

来る11月22日(火)、その執筆者をパネリストに迎え「20世紀から渡されたバトン-都市空間再編戦略の課題」をテーマにシンポジウムを開催いたします。当社の脇宗一郎も登壇いたします。
詳細、お問い合わせは東京建築士会または日本建築家協会関東甲信越支部のWEBサイトより。
ご興味のある方はぜひご参加ください。

 

(安井建築設計事務所 広報部)

カテゴリー: 技術発信/TODAY

PAGE TOP