T O D A Y !

ICTで施設マネジメント・ワンンストップサービス開始

このたび株式会社安井建築設計事務所(当社)と、トランスコスモス株式会社(以下、トランスコスモス)、応用技術株式会社(以下、応用技術)は3社協業により、ビルオーナー・ビル運用会社などに向けたICTによる施設マネジメント・ワンストップサービスの提供を6月18日より開始しました。

サービス提供のイメージ

今春当社は、医療施設やオフィスで施設マネジメントサービスを提供した実績を踏まえ、IoT※1環境センサーと建物3次元モデルを連携させた国内初の建築マネジメントシステム「BuildCAN(ビルキャン)」を構築しました。「BuildCAN」は、当社が大学と共同開発した既存の建築情報マネジメントシステムをベースに空間の快適性やエネルギー低減のための環境管理機能を加えたものです。
管理対象は清掃・修繕・改修・保守点検等各履歴に加え、IoT環境センサーによる照度・温度・湿度・CO2などの監視と分析、仕上材料や設備機器情報、図面や連絡網などに及び、これらをクラウド上でバーチャル建築モデルと有機的にリンクさせることで建物の現状や経年変化をとらえていくものです。

一般的に施設マネジメントの要件は多岐にわたり、クライアントのニーズも個々に異なりますが、「BuildCAN」は的確に応えることができます。
当社がクライアントの要件を整理して全体をマネジメントし、応用技術は、よりきめ細かく対応するためのシステムカスタマイズサービスを提供、トランスコスモスが施設モデルの2次元から3次元への初期データ移行やデータの維持・更新を提供します。
さらに、データ分析結果から今後の施設投資に関するコンサルティングサービス等を当社が提供します。3社が協業してサービスを提供することにより、多様なニーズに中長期に渡りワンストップで応える施設マネジメントサービスが実現できます。

既存施設においても「BuildCAN」の基礎データとなる建物情報の準備は、3次元モデルや2次元データを活用できるため、保有施設ごと柔軟に対応することができます。
たとえばBIM(Building Information Modeling :建物を3次元データ化したモデル)、PIM(Panorama Information Modeling :パノラマ写真を活用した簡易なモデル※2)はもとより、一般的な2次元データ(CAD)や紙図面等からもデータ・モデル化して活用できます。また、クラウドだけなくオンプレミスニーズにも随時対応していく予定です。

3社は、今回のサービスにLCC※3データ等のAI分析システムを融合させることで、バーチャル上で建物の将来予測を可能にする「建築のデジタルツイン・サービス」を開発していく予定で、今回はその第一ステップと捉えています。今後も建築投資の適正化等のコンサルティング技術について、アライアンスパートナとして発注者の多様なニーズに応えていきます。

【Webセミナーのご案内】
今回のリリースに伴い、詳細をWebセミナーでご紹介いたします。
下記のサイトにアクセス・登録の上、ぜひご覧ください。
◆日時:6月27日水曜日 17時開始
◆タイトル:業界初!ICTによる施設マネジメント・ワンストップサービスを徹底解説~ICTを活用した次世代の施設マネジメント手法のノウハウ・ドゥハウ
URL:https://tobim.net/event/webinar/index20180627.html
※当日配信されましたセミナーの内容(解説画面と音声)は、6月27以降も1年間(2019年6月26日まで)オンデマンドで視聴可能となっています。どうぞご覧ください。

※1:IoT / Internet of Things モノのインターネット
※2:「パノラマmemo」  360°パノラマ写真を活用した施設(現場)情報共有システム。株式会社安井ファシリティーズが開発・販売
※3:LCC / Life Cycle Cost 企画・設計・建設から解体・廃棄するまで、建築物の全生涯に要する費用。光熱水費、修繕・改修費など、ランニングコストや維持管理費が大きなウエートを占める

 

(安井建築設計事務所 広報部)

カテゴリー: 技術発信/TODAY

PAGE TOP