T O D A Y !

展示会「スポーツビジネスジャパン2018」に安井ブースを出展

来る8月30日(木)・31日(金)の2日間にわたり大阪で開催されるイベント『スポーツビジネスジャパン2018 together with スタジアム&アリーナ2018』に当社がブース出展します。

当社はコーポレートメッセージ(企業理念)として「人やまちを元気にする」を掲げ、2024年には創業100周年を迎えます。次の100年に向けてこの理念を縦糸とし、さらに2015年に国連で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)の考え方を横糸として、従来の設計監理はもとより各種マネジメント業務、さらにスポーツ施設を中核としたまちづくりやプロジェクトの仕組みづくりにも積極的に挑戦していきます。
展示会ではこうした取り組みを当社が携わったスポーツ施設(特に競技場、体育館)の実績を中心に、多様なサービスの一端をご紹介します。
前日の29日(水)には、当社が設計監理を担当しました「舞洲アリーナ」(おおきにアリーナ舞洲/Bリーグ:大阪エヴェッサのホーム)、コンストラクション・マネジメントを担当しました「Panasonic Stadium Suita」(市立吹田サッカースタジアム/Jリーグ:ガンバ大阪のホーム)の施設見学ツアーも行われます(要申込み)。

舞洲アリーナ(1995年竣工時)/撮影:名執一雄

市立吹田サッカースタジアム(2015年竣工)/写真提供:ガンバ大阪

また、今回の展示会ではスポーツ関連各社約40社が参加し、主催者側にて多くの興味深いセミナーも用意されています。

参加、申し込み等、詳しくはイベントの公式WEBサイトをご覧ください。
多くの皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

 

(安井建築設計事務所 広報部)

PAGE TOP