T O D A Y !

イケフェス大阪2018で「安井オープンハウス」、関連イベント開催のお知らせ

毎年秋に行っている当社・大阪本社での「オープンハウス」、今年も10月26日(金)と27日(土)の2日間、開催いたします。今回も「生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2018」(通称:イケフェス大阪)のイベントに協力・連携する形で開催日程をあわせました。<イケフェス大阪の開催日:10月27日(土)・28日(日)>

生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2018

“生きた建築”とは、歴史や文化、市民の暮らしぶりといった都市の営みの証として、様々な形で変化・発展しながら今も生き生きとその魅力を物語る建築のこと(生きた建築ミュージアム事業)で、大阪市内中心部で多く選定されています。
「イケフェス大阪」は、そんな“生きた建築”を通して、いつもとは一味違う大阪を感じていただくイベントです。
当社が設計に関わった建物(代表作品)から、「大阪倶楽部ガイドツアー」、「大阪ガスビルガイドツアー」、「山本能楽堂特別公開&展示」なども予定されています。
一方、当社オープンハウスの開催テーマは「安井武雄の住宅の世界」。大阪ガスビルなど大大阪時代のビルのイメージが強い安井武雄ですが、大学の卒業設計では当時異例の住宅を設計し、建築家となり世に送り出した最初の作品も住宅でした。そんな安井武雄が設計した知られざる住宅たちをご紹介します。

合わせて、27日(土)には当社1階ロビーでイケフェススペシャル寄席「北大江安井亭!!」を開催します。落語家の桂雀太さんをお迎えして事務所周辺の街の話題を織り込んだ落語を披露していただきます。

また、イケフェス連携プログラムとして21日(日)には日本テレマン協会創立55周年記念特別演奏会「中之島をウィーンに!」が行われ、その中で当社社長の佐野吉彦がトークイベント「教会×建築×音楽」と題して関西の教会建築や音楽空間としての聖堂などについて語ります。
日本テレマン協会の名称の由来であるゲオルグ・フィリップ・テレマンはハンブルクで活躍した作曲家です。2019年に友好都市提携30周年を迎える大阪市とハンブルク市。21日のコンサートを皮切りにタイナカジュンペイ氏の巡回写真展「そこにある風景 大阪・ハンブルク」が当社1階ロビーでも開催されます。

◆安井オープンハウス「安井武雄の住宅の世界」 入場無料
10月26日(金)10:00~17:00
10月27日(土)12:00~17:30
◆ケフェススペシャル寄席「北大江安井亭!!」 入場無料
10月27日(土)16:15~
◆日本テレマン創立55周年記念特別演奏会「中之島をウィーンに!」
佐野吉彦トークイベント「教会×建築×音楽」
10月21日(日)14:15~
お問い合わせ・詳細については日本テレマン協会webサイトをご覧ください。
◆タナカジュンペイ氏巡回写真展「そこにある風景 大阪・ハンブルク」
10月21日(日)13:00~18:30 大阪市中央公会堂
10月23日(火)~25日(木) 安井建築設計事務所
10月29日(月)~31日(水) 大阪市役所正面玄関ホール
お問い合わせ・詳細については日本テレマン協会webサイトをご覧ください。

 

近代建築に超高層ビル、建築家の名作、昭和喫茶など、イケフェス大阪で公開される建物は様々です。また、特別公開や建物オーナーによるツアーなど、独自のプログラムが盛りだくさん。大阪の街を散策しながら、ぜひイケフェス大阪2018~安井オープンハウスに足を運んでください。

 

(安井建築設計事務所 広報部)

PAGE TOP