T O D A Y !

青森県立美術館で安井武雄「汎愛小学校」資料を展示

7月27日(土)より青森県立美術館でスタートした展覧会『子どものための建築と空間展』で、当社の創業者・安井武雄(1884-1955)設計の「大阪市汎愛尋常高等小学校」の写真資料が展示されています。
今年1月から3月に東京・新橋のパナソニック 汐留美術館(※)で開催された同展覧会の巡回展であり、その際の当コーナーでも概要をお伝えしていました。(※旧 汐留ミュージアム)
子どもたちのためにつくられた学びの場と遊びの場の建築と空間の中から、日本の近現代の建築・デザイン史において、ひときわ先駆的かつ独創的なものを紹介する内容となっています。
「汎愛小学校」も1926(大正15)年の竣工当時、日本一豪華な小学校建築として、国内のみならず世界各地の教育関係者からも小学校校舎の理想形として注目を集めていた施設です。
汐留での展覧会を見逃した方、はじめての方、夏休み青森方面への旅行の機会などに、ぜひお立ち寄りください。

◆展覧会/子どものための建築と空間展
◆会期/2019年7月27日(土)~9月8日(日)
◆開館時間/9時~18時(入館は17時30分まで。休館日:8月19日)
◆会場/青森県立美術館(青森市安田字近野185)
◆主催/同展実行委員会(東奥日報社、青森朝日放送、青森県観光連盟、青森県立美術館)
◆後援/文部科学省、日本建築学会、日本建築家協会、文教施設協会、青森県教育委員会ほか
入館料など詳しくは展覧会の公式ホームページをご覧ください。

(安井建築設計事務所 広報部)

PAGE TOP