T O D A Y !

イケフェス大阪2019で「安井オープンハウス」、関連イベント開催のお知らせ

毎年秋に行っている当社・大阪本社での「オープンハウス」、今年も10月26日(土)と27日(日)の2日間、開催いたします。今回も「生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2019」(通称:イケフェス大阪)のイベントに協力・連携する形で2日とも開催日程をあわせました。

生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2019

“生きた建築”とは、歴史や文化、市民の暮らしぶりといった都市の営みの証として、様々な形で変化・発展しながら今も生き生きとその魅力を物語る建築のこと(生きた建築ミュージアム事業)で、大阪市内中心部で多く選定されています。
「イケフェス大阪」は、そんな“生きた建築”を通して、いつもとは一味違う大阪を感じていただくイベントです。
当社が設計に関わった建物(代表作品)から、ガイドツアーとして「大阪倶楽部」、「大阪ガスビル」、「サントリービル」が、トークイベントでは「山本能楽堂」が予定されています。

一方、当社オープンハウスの開催テーマは「建築+アートがつくる空間」として、創業者である建築家・安井武雄の作品から近年のプロジェクトまで、多くの作品の中から今回は「建築とアート」が織りなす空間とその魅力をご紹介します。

◆安井オープンハウス「建築+アートがつくる空間」入場無料
10月26日(土) 11:00~17:00
10月27日(日) 11:00~15:30

この中で26(土)には下記のトークイベントを予定し、当社の設計担当者が医療施設における建築+アートの設計現場を語ります!

◆スペシャルトーク「医療施設を支えるアートの力」
10月26日(土) 14:00~
(約30~45分程度を予定)入場無料

また、イケフェス連携プログラムとして大阪のアートシーンを牽引してきた「ART OSAKA」がプロデュースし、イケフェスに参加する3つの建物で2日間限りのアート展示「まちと生きる現代アート」が行われます。

当社でもエントランスロビーを飾るアート《muqarnas 9(ムカルナス)》をはじめ、建築装飾をモチーフにした作品をご紹介します。安井武雄の直筆スケッチを使った「ぬり絵」もお楽しみ頂けます。※各建物で展示時間が異なります。入場無料。
展示作家:吉岡千尋(絵画) 協力:アートコートギャラリー

 

さらに今年は、6つの設計事務所の連携企画として、『セッケイ・ロード~建築と街の未来へつづく道~』も実施され、当社も参加しています。各事務所スタッフの“人生に影響を与えた本・お薦めの本”を紹介、各事務所をめぐっての「社長似顔絵スタンプラリー」の楽しい試みも用意されています。

 

近代建築に超高層ビル、建築家の名作、昭和喫茶など、イケフェス大阪で公開される建物は様々です。また、普段は公開されていない建物の特別公開や建物オーナーによるツアーなど、独自のプログラムが盛りだくさん。大阪の街を散策しながら、ぜひイケフェス大阪2019~安井オープンハウスに足をお運びください。

 

(安井建築設計事務所 広報部)

PAGE TOP