日本橋 榛原

東京都中央区
日本橋 榛原

伝統をまとい現代に甦る創業1806年の老舗和紙店舗

榛原は1806年に東京日本橋に創業し、以降200年以上続く老舗の和紙舗。創業の江戸期には、榛原製木版団扇が大衆の間で流行、後には計測記録用紙の独自開発など、その時代の技術や精神を取り込みながら日本橋に店を構え続けてきた。創業から200年が過ぎ、日本橋二丁目北地区再開発に伴い新店舗が建設された。榛原の歴史と姿勢を汲みとり、新店舗のデザインは伝統技術と現代技術を組み合わせて、「老舗の伝統を新世代へ/新世代の江戸の美」をデザインコンセプトとした。外装(建築:株式会社日建設計)は、瓦成型職人×3Dデジタル金型加工による「3Dカワラブリック」で構成され、内装(デザイン:株式会社オリバー、デザイン監修:当社)は、越前和紙職人による大判手漉き和紙と大判千代紙の壁面展示に加え、デジタルファブリケーションによる多面体レリーフ版を各所に施した構成としている。内外装に表現したパターンは榛原の伝統紋様「色硝子」をモチーフにしており、榛原のアイデンティティの象徴として、街や行き交う人々に「老舗の伝統と革新」を感じとってもらえることを意図している。

カテゴリー
商業
グッドデザイン賞2016 *
第50回 SDA賞 入選、関東地区デザイン賞
第4回 インテリアプランニングアワード 入選 *
サカイリブを使ったデザインコンペ2016 優秀作品賞 *
*プロジェクト関係者より応募
シェア

作品概要

建築主
株式会社榛原
所在地
東京都中央区
構造
S造
階数
地上1階
延べ面積
105m²
竣工
2015年5月
主要用途
商業施設
備考
建築設計:日建設計 内装設計:オリバー 内装デザイン監修:安井建築設計事務所
撮影
黒住直臣
  • 言語選択