京橋トラストタワー / コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション

東京都中央区
京橋トラストタワー / コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション

まちの再構築と、機能更新を超えた複合化

東京駅から徒歩4分、東京メトロ京橋駅隣接地で、多数の周辺再整備が進む京橋エリアの中心的な位置に立地する。テナントオフィス、ホテル、店舗の複合計画であり、周辺に不足している屋外オープンスペースや、中央通に面する賑わいを積極的に誘致する。東日本大震災を踏まえハイブリッド制震構造を採用するとともに、高度にBCPを実現可能なように、約1週間の停電にも耐えられるバックアップ機能をそなえ、高効率個別空調や全館LED照明などの採用でCO₂排出量35%低減など立地にふさわしい最高水準の機能を確保した。低層階にはビジネスから観光まで幅広い利用を想定したホテル(コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション)を計画し、開発の付加価値向上を目指している。

カテゴリー
オフィス
商業
宿泊
ソリューション
安心・安全な建物を提供
平成27年度 CFT構造賞
シェア

作品概要

建築主
森トラスト株式会社
所在地
東京都中央区
構造
S造一部SRC造
階数
地上21階 地下3階
延べ面積
52,470m²
竣工
2014年2月
主要用途
オフィス、商業施設、ホテル
備考
基本設計・実施設計監修・監理監修:安井建築設計事務所 実施設計・監理:戸田建設 設備(基本設計・実施設計・監理):建築設備設計研究所
撮影
バウハウス ネオ、淺川敏
  • 言語選択