作品紹介

WORKS

小野薬品工業 水無瀬研究所 第3研究棟

ONO PHARMACEUTICAL, Minase Research Institute

小野药品工业水无濑研究所第3研究栋

小野薬品工業 水無瀬研究所 第3研究棟
  • 小野薬品工業 水無瀬研究所 新研究棟
  • 小野薬品工業 水無瀬研究所 新研究棟
  • 小野薬品工業 水無瀬研究所 新研究棟
  • 小野薬品工業 水無瀬研究所 新研究棟
建築主 小野薬品工業株式会社 所在地 大阪府三島郡島本町 構造 RC造一部PCaPC,S造(免震)
階数 地上6階 延床面積 15,219m² 竣工 2016年2月
主要用途 研究所 撮影 竹中工務店 設計
備考
リンク
資料
*面積は概数値
  • 水無瀬研究所と福井研究所に分散していた化合物の合成・分析機能を集約し、「ものづくり拠点」として、研究初期から治験に至るまでの連携を強化し、研究開発のさらなるスピードアップを目指して計画されたのが水無瀬研究所第3研究棟である。構造の主架構をプレキャスト・プレストレストコンクリート造とし、大スパンの空間を実現。明快でフレキシブルなフロア構成から将来の組織改編にも柔軟に対応できる。免震構造や新設された非常用電源設備等により、災害時には人命確保とあわせ研究機能の継続も可能とした。各フロア、隣接するラボエリアとデスクエリア間は天井までのガラススクリーンとし、アクセスと見通しのよさを確保。北側の全面ガラスカーテンウォールからの安定した間接光とPC床版あらわしの天井とともに、開放的でのびやかな執務環境をつくり出した。デスクエリアには研究者同士のコミュニケーションの促進をねらい、上下階からアクセスできる中間フロアにリラックススペースを設置。カーテンウォール沿いには上下階をつなぐ階段と吹き抜けを設け、フロアや部門を越えた一体感を生む空間とした。また、外側に設けたテラスもリフレッシュやコミュニケーションの場として利用される。新旧施設による相乗効果をめざして既存棟とは渡り廊下で結び、外観も既存棟のデザインを踏襲し緑豊かな山並みに違和感無く溶け込んでいる。

Copyright (c) 1998-2019 Yasui Architects & Engineers, Inc.

PAGE TOP