岐阜県立希望が丘こども医療福祉センター・岐阜希望が丘特別支援学校
および岐阜県福祉友愛アリーナ

岐阜県岐阜市
岐阜県立希望が丘こども医療福祉センター・岐阜希望が丘特別支援学校<br>および岐阜県福祉友愛アリーナ

障がい児者の「生きる力を育む」総合拠点

子どもとその家族を対象とした医療・福祉、障がい児者のための教育・スポーツの複合した拠点施設である。安心して暮らせる社会を実現するため、気軽に相談・利用できる明るく親しみやすい建築をめざした。円形スロープのある希望が丘広場を中心とし、中庭や学びテラスといった東西に貫く外部空間を配置し、2階建て体育館の福祉友愛アリーナをアイストップとすることで、3つの施設による複合施設を一体感のあるわかりやすい建築として実現している。

カテゴリー
教育
医療・福祉
シェア

作品概要

建築主
岐阜県
所在地
岐阜県岐阜市
構造
RC造一部S造
階数
地上2階
延べ面積
19,784m²
竣工
2019年3月
主要用途
医療福祉センター、特別支援学校、障がい者体育館
備考
設計・意図伝達:安井建築設計事務所・サニー建築設計JV
監理:(1期)小林建築設計事務所、(2期)葵建築設計事務所
撮影
滝田フォトアトリエ
  • 言語選択