大阪工業大学梅田キャンパスOIT梅田タワー

大阪府大阪市
大阪工業大学梅田キャンパスOIT梅田タワー

⾼層アーバンキャンパスタイプの先駆けに

常翔学園100 周年記念事業の⼀環として、⾼層のアーバンキャンパスタイプの先駆けになることを主眼に計画、同規模の超⾼層建物では、フロア毎に全て異なる平⾯プランを持つ、他に類を⾒ない積層型タワーキャンパスである。設計JV で当社は構造を担当。
12 階から20 階に連続する北⾯の吹抜け⼤空間「コミュニケーションボイド」は、学⽣の憩いの場、学科や学年間の垣根を越えたコミュニケーションの場として各階をつないでいる。
そのファサード構成を、最上部のハットトラス構造で縦⽅向全⻑80mのカーテンウォールを上から吊ることでサッシ部材を細くし、透明感、街への開放感を⾼めた。
また、想定される⼤規模地震動に対しては、鉄⾻造と振動エネルギーを吸収する減衰機構を組み合わせた制振構造を採⽤し、超⾼層化における安全性を⾼めている。

カテゴリー
教育
ソリューション
安心・安全な建物を提供
第11回おおさか優良緑化賞
平成29年度おおさか環境にやさしい建築賞
第9回 カーボンニュートラル賞 近畿支部奨励賞
シェア

作品概要

建築主
学校法人常翔学園
所在地
大阪府大阪市
構造
S造一部SRC造
階数
地上21階 地下2階
延べ面積
31,289m²
竣工
2016年10月
主要用途
学校
備考
設計・監理:服部建築事務所・石本建築事務所・安井建築設計事務所JV
撮影
エスエス 津田裕之
  • 言語選択