北陸新幹線 糸魚川駅

新潟県糸魚川市
北陸新幹線 糸魚川駅

日本海、北アルプス、ヒスイをシンボルとして

北陸新幹線の長野~金沢間の新幹線駅舎・糸魚川駅の新築工事。土木構築物である3層高架のRCラーメン構造体に対して、3階をプラットホーム、2階をコンコースおよび自由通路という構成で建築物を構築している。1階部分には糸魚川市の施設(当社設計)が設けられる予定である。駅舎の内外観については糸魚川市からの要望キーワードである“日本海、北アルプス、ヒスイ、糸魚川ジオパーク”をモチーフとしてデザインしている。地域産材料活用の観点から、糸魚川産の木材をコンコースの内装材の一部やホーム階の照明ボックスに採用。また、古代より糸魚川で産出され勾玉などに利用されたヒスイの原石の建材としての利用方法を検討し、一部の内装材に採用している。

カテゴリー
交通
シェア

作品概要

建築主
独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構
所在地
新潟県糸魚川市
構造
S一部RC造
階数
地上3階
延床面積
1,408m²
竣工
2014年10月
主要用途
駅舎
備考
設計:鉄道・運輸機構 北陸 新幹線第二建設局 設計(建築・給排 水衛生設備):安井建築設計事務 監理:鉄道・運輸機構
  • 言語選択