大阪国際空港ターミナルビル

大阪府豊中市
大阪国際空港ターミナルビル

Speedy & Smart 都市型先進空港へ

到着機能を中央に集約し地上交通機関とのスムーズな接続を図り、出発時にはスマートレーンによるスピーディーな検査を実現した。保安エリア内には、ウォークスルー型店舗を設け、旅の一部としての空港に新しい体験を加えた。屋上展望デッキの再整備や日射遮蔽パネルの採用、地元出身デザイナーとの協働など環境や地域との共生を図り、今後のストック型社会において人々に⾧く愛される空港として、建物の⾧寿命化を目指した。

<大阪国際空港の歩み>
現在の大阪国際空港ターミナルビルは、1969年の供用開始から50年以上経過している。この間、航空需要に対応するため、さまざまな整備を行ってきた。大きな転機としては、1994年に関西国際空港が供用を開始したことで、国内線専用の基幹空港として1999年に再整備を行っている。

カテゴリー
交通
リニューアル・リノベーション
ソリューション
価値を次世代に引き継ぐ
シェア

作品概要

建築主
関西エアポート株式会社
所在地
大阪府豊中市
構造
S造一部RC,SRC造
階数
地上8階 地下2階
延べ面積
151,590m²
竣工
2020年8月
主要用途
空港
備考
基本設計・実施設計・監理:安井建築設計事務所・関西エアポートテクニカルサービス
施工・増築部構造実施設計:大林組
撮影
伸和、近代建築社(K's Photo Works 野口兼史)
  • 言語選択