北海道新幹線 奥津軽いまべつ駅

青森県東津軽郡
北海道新幹線 奥津軽いまべつ駅

本州最北の地から北の大地へ-津軽海峡の四季が感じられる駅-

北海道新幹線(新青森・新函館北斗間)が、2016年3月に開業。自然豊かな今別町の要望から、デザインコンセプトは「本州最北の地から北の大地へ~津軽海峡の四季が感じられる駅~」が掲げられた。駅に訪れる人々が四季折々の違った風景や時の流れを体感し、地域に親しみを持ち、楽しむことができる建築計画とした。建物は駅本屋、在来線上空にかかる連絡通路、駅前広場にアクセスする昇降棟の3つのボリュームで構成。駅正面となる昇降棟は町のシンボルである青函トンネルをシンボリックなアーチを冠にしたゲート風にデザインし、連絡通路と駅本屋とのつながりは、青函トンネルとその先に広がる津軽海峡、さらに北海道の大地をイメージさせている。内装には地元の素材を採用。柵内コンコース正面には駅に訪れた旅行者を最初にもてなす「ウェルカムウォール」として、青森ヒバを使用した化粧壁を設置。青森県無形民俗文化財の「荒馬」をシルエットに刻んだガラススクリーンを重ねたデザインで、地元にも愛される駅をめざした。

カテゴリー
交通
シェア

作品概要

建築主
独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構
所在地
青森県東津軽郡
構造
S造
階数
地上3階 地下1階
延床面積
5,644m²
竣工
2016年3月
主要用途
駅舎
備考
設計:鉄道建設・運輸施設整備支援機構(建築)、安井建築設計事務所 監理:鉄道建設・運輸施設整備支援機構
撮影
鉄道建設・運輸施設整備支援機構(提供)
  • 言語選択