足立成和信用金庫 本店

東京都足立区
足立成和信用金庫 本店

今井兼次旧本店の香りを引き継ぐ新機軸

足立成和信用金庫は、平成28年度に創立90周年を迎え、90周年事業として本店建替を計画。地域の繁栄と発展・顧客満足に貢献していく足立成和信用金庫の想いを実現すべく、5つの事業テーマを掲げた。1.地域との連携、2.地域に開かれた信用金庫、3.組織の連携、4.「食」からココロを、5.組織全体のシンボル(本店)。そのテーマを具現化すべく設計コンセプトを設定。地域密着型金融機関の本店らしさを追求。部署ごとが独立することなく業務を遂行できるよう、可能な限りオープンなオフィスを目指し、生産性を向上させ、効率的で充実したワークプレイスをめざした。制震性能1.5倍、非常用発電機の設置等により企業のBCPと地域防災機能の充実とともに、外装に縦ルーバー、水平フィンを設けることにより環境負荷低減を図っている。宿場町として栄えた歴史の継承、企業の先進性とを兼ね備えた地域のランドマークとなるデザインとしている。

カテゴリー
オフィス
シェア

作品概要

建築主
足立成和信用金庫
所在地
東京都足立区
構造
S一部SRC造
階数
地上8階 地下1階
延床面積
4,269m²
竣工
2016年6月
主要用途
金融機関(銀行本店)
撮影
黒住直臣
  • 言語選択