作品紹介

WORKS

東京国際クルーズターミナル

Tokyo International Cruise Terminal

---

東京国際クルーズターミナル
建築主 東京都 所在地 東京都江東区 構造 S造
階数 地上4階 延床面積 19,116m² 竣工 2020年6月
主要用途 船舶の発着場 撮影 設計
備考 開業予定 2020年7月14日
リンク東京国際クルーズターミナル
資料
*面積は概数値
  • 世界のクルーズ市場は、クルーズ人口の急増と客船の大型化という、これまでにない大きな変化の中にある。また、アジアにおいては、特に、中国を中心とした経済成長を背景に、今後のクルーズ市場の飛躍的な成長が見込まれている。こうした中、東京は、高まるクルーズ需要に首都の玄関口として適切に応えていく必要がある。そのため、都は、臨海副都心地域に世界最大のクルーズ客船の受入れに対応した、新たな客船ターミナルを、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催までに整備することとしている。
    本計画は様々な大きさのクルーズ客船に対応するため、自由度の高い大空間を持ち、そこでは各種イベントの開催も可能である。外観は、開放的なガラスのしつらえ、曲線を描く深い軒、四周を取り囲むバルコニーを持ち、日本の寺社建築を思わせるデザインとなっている。
    また、臨海副都心地域海上に構築される人工地盤の上にターミナルを建設する類を見ない計画であり、土木構造物と建築の構造が一体となる特殊な構造形式として、国土交通大臣の認定(構造評定)を取得している。

Copyright (c) 1998-2019 Yasui Architects & Engineers, Inc.

PAGE TOP