子どもにも自慢できる
幸せな仕事だと思います

宮武 慎一
設計部 2007年入社
自然科学研究科建築学専攻

宮武 慎一01

設計を通じてまちを元気にしたい

子どもの頃の夢は何でしたか?

小さいときからブロック遊びや絵を描くこと、ものをつくることが好きでした。昔の友人と会って飲みながら話していると、"ずっと建築家になりたいって言ってたよな"といわれるくらいです。たぶん小学生の頃から建築家になりたいと思っていました。

入社のきっかけは?

就職活動中は、組織設計事務所を中心に面接を受けていましたが、大阪の会社が希望だったことと、一番初めに内定をいただいたことを人生の縁と考え、入社を決めました。組織設計事務所を希望したのはいろいろな用途の建築、なかでも庁舎や図書館など、公共建築の設計をしてみたかったからです。
建築には、まちの風景をつくり、変えてゆく力があります。社長はよく"建築はまちを元気にする"と話していますが、僕もそのことばがとても好きです。特に公共建築はまちのシンボルになりうる存在だと考えています。設計者が、建築主の要求を満たすのは当然のことで、その建物が建つことによって、まちがどう元気になるか、重要なのはそこだと思っています。

宮武 慎一02

大学時代に通った、思い入れのある街の設計を担当

最近の仕事について教えてください

神戸開港150年を記念した施設の設計を担当しました。神戸市がこれから整備・開発を進めていく港地区をリードする建築で、港に人を呼び込みたいという市側の要望もあり、市民が自由に出入りできる建築にしようと、1階は三層吹き抜けの開放的な空間にしています。また、神戸は100万ドルの夜景で知られる街なので、建築のライトアップにも力を入れようと、電気担当者と一緒に計画しながら、まちに調和するデザインをしました。
出身は大阪ですが、神戸は大学で通った街でもあり、思い入れも強かったので、まちの魅力を少しでも向上させるプロジェクトに関わることができたのは嬉しかったですね。この建物が、地域開発の起爆剤になれば、と思っています。
2014年に完成した大阪ガスのショールームhu+g MUSEUM(ハグミュージアム)は、ドーム球場や商業施設が隣接する場所柄から、にぎわいとシンボル性を持つデザインを提案しました。ハグミュージアムでは、地元の小学生に田植えから稲刈りまで体験してもらい、みんなで育てたおいしいお米を一緒に調理して食べようと、屋上に水田をつくりました。僕も田植えや稲刈りに参加させてもらうなど、完成後も建築主とよいお付き合いをさせてもらっています。

設計の仕事をする上で、大切だと思うことは?

設計者はどうしても関わる人の数が多くなるので、いろいろな意見を調整する力が必要です。あと、やることが多いので、仕事のプライオリティを考えることも不可欠ですね。設計者とひと口にいっても、自分の意見をしっかり打ち出す人もいれば、柔軟な対応をする人もいるように、タイプはさまざまだと思います。

宮武 慎04

YASUI CAMP、U-35委員会など
若手設計者の交流の場で知見を深める

仕事のおもしろさ、やりがいはどんなときに感じますか?

少しでもまちがよくなるようにという思いで設計をしているので、やはり建物ができて、建築主に喜ばれたときとその完成した建築でまちに活気が生まれたと思えたときが嬉しいです。建築の設計は大変なことも多いですが、ものづくりが好きなので毎日が刺激的で、幸せな仕事だと思います。
大阪事務所では、若い世代が活躍できるようにという目的で、今年「YASUI CAMP」というチームを立ち上げました。キャンプという言葉には、みんなで野外で遊ぶ楽しいイメージとシェルター(避難所)という意味を込めています。構成メンバーは30歳以下の若手社員で、今、進めているのは名札のリ・デザイン、事務所周辺のランチマップの作成、大阪事務所単独での季刊誌の発行といったことです。まだ始めたばかりの試みですが、みんなすごく元気で、よい交流の場になっています。
もうひとつ、日本建築協会に所属する若手設計者たちによる「U-35委員会」にも参加しているのですが、同世代の同業他社の人たちから受ける刺激はすごく大きいですね。U-35では庭師や料理人、美容師、ピアニストなど、異なるジャンルで活躍している同世代のゲストに話をしてもらうトークバトンや、学生を対象にしたコンペなどを開催してきました。今後はここで学んだことを、仕事にも活かしていきたいと思っています。

今後、どんな仕事をしてみたいですか?

これまで庁舎や学校、展示場や大学の図書館などいろいろな用途の設計をしてきましたが、ものすごく大きな建物の経験はないので、一度は、まちにインパクトを与える超高層ビルのような大きな建築の設計をしてみたいです。それと同時に、小さな建物の設計の両者をバランスよく担当できれば楽しそうですね。2年前に自宅を設計したのですが、普段、住宅の設計をすることはないので、すごく楽しかったです。やはり設計者として、自分の家は自分で設計したかったので、いろいろ細かいところまでこだわってつくりました。

休日はどのように過ごしていますか?

普段、忙しいので、子どもと一緒に遊んだりと、一緒に過ごす時間を大切にしています。先日も、仕事がひと段落したので連休を取って、子どもたちを連れて、川崎の藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきました。

入社希望者へのメッセージを

自分の考えや意図をきちんと伝えれば、それを受け入れてもらえる自由で風通しのよい会社です。普段は忙しく仕事をしていますが、スケジュールを守れば、節目節目で休みを取ることができるなど、個人の裁量を認めてもらえる職場環境があります。
たとえ小さなことでも、いろいろな案をどんどん出す人、手を動かす人、よく考える人、元気な人と一緒に仕事がしたいです。

U-35委員会……日本建築協会における「若手設計者を中心とした協会活性化のための新たな活動プログラム」として、関西を中心に活動する組織設計事務所、ゼネコンの35歳以下の若手設計者が集い、2013年4月に設立された組織。

宮武 慎一04

関わったプロジェクト:hu+gMUSEUM
関わったプロジェクト:hu+gMUSEUM
関わったプロジェクト:神⼾ポートオアシス
関わったプロジェクト:神戸ポートオアシス
こだわって設計をした⾃邸
細部にまでこだわって設計をした自邸